ワキガを治療するための手術の方法について

アポクリン汗腺とエクリン汗腺が、ワキガ手術では対象となります。エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類の腺から汗が出ることが、ワキガの匂いの理由になっています。特有のワキガ臭は、この汗腺から分泌される汗が臭いを放つことによって成り立っているのです。わきの下に汗をかいてそのままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなり、においの原因になってしまう場合も。脇の下にムダ毛が多いと多くの汗が溜まり、雑菌がますます増えやすくなります。脇の下のムダ毛処理をしておくことである程度のにおい対策になります。ワキガは体質によるものなので、家族でワキガの人がいると、体質として受け継いでいることもあるようです。ワキのにおいを低減させるためのデオドラント商品も数多く販売されていますが、根本的に治療するためには、ワキガの手術をすることで解決します。アポクリン汗腺を外科的処置で除去することが、ワキガ手術では最も多いやり方です。エクリン汗腺や皮脂腺を同時に取り除くこともありますが、クリニックの判断や症状によって違いがあります。わきの下の、しわに合わせてメスを入れるので、手術の痕がわずかに残っても、目につく状態にはなりません。ワキガの症状がそれほどでもない時は、メスは使わず、カニューレという細い管を用いて汗腺を取り除くという方法も使えます。これは大まかな汗腺を吸引して、ワキガを抑えるもので、手術より痕が気にならないというメリットがあります。ワキガの治療にはボトックス注射で汗を抑えることでワキガを軽減させる方法もありますが、ボトックス注射は手術ではないので傷跡が残らないことで多くの人に利用されている治療法となっています。http://www.gaopeite.com/